女子ラグビーを応援するブログ

2017年8月には女子ワールドカップラグビー、2020年東京五輪では7人制ラグビーが。女子ラグビーに注目

Sakura15の敗因よりも日本の女子ラグビーの問題点を考える

 

最初は今回の女子ラグビーワールドカップにおけるSakura15の敗因を考えていました。しかし、現状では彼女達、ヘッドコーチ陣の方針に問題はなかったと思います。誤算と言えば、マティトゥンガ選手、福島わさな選手の離脱、初戦でハイタックルが危険なプレーとみなされ、3試合(イタリア戦まで)出場停止を受けた富田真紀子選手の出場停止。

でも、よくよく考えてみると、ある1つの答えを見つけました。

 

女子ラグビーにおける日本の地位があまりにも低過ぎる事

 

ここから先は、あくまでも私個人の考えですので、同調するか否かは皆様のご判断にお任せします。

 

1. 女子ラグビーの競技者人口があまりにも少なすぎる
2. 競技者人口が少ないために、国内の女子ラグビー

  7人制ラグビーが中心
3. 「ラグビー=15人制ラグビー」の概念が強い日本。

   その為、7人制ラグビーがメインの女子ラグビー

   関心を示さない。
4. 7人制ラグビーが中心の女子ラグビーなので、

  メディアの取り上げも少ない。

  その為、新規スポンサーが少ない
5. スポンサーが少ない事は限られた予算で

  15人制ラグビー7人制ラグビーの両方に強化を

  充てるために予算が限られてしまう

いきなり結論を書きましたが、この1~5の問題点が悪循環として回っているのが今の日本女子ラグビー界の問題点です。

1の競技人口の少なさとして、下の表をご覧ください。

 

f:id:jyoshilug:20170908121336j:plain

同じ女子の球技のサッカーと比較しましたが、サッカーと比べるとラグビーの競技人口が大幅に少ない事がお分かりになるでしょう。これがバレーボールやバスケットボールと比べると棒グラフにしたらどうなるのか。怖くて調べる事が出来ませんでした。

 

競技者人口が少ないため、日本の女子ラグビーは少ないメンバーで行われる7人制ラグビー(以下:セブンズと略)が中心です。これが先程の2に該当します。

 

3の7人制ラグビーがメインの女子ラグビーに関心を示さない例として、日本ラグビーフットボール協会のHP等を見ました。15人制のラグビーで主な試合は国体と三地区対抗戦のみ。一方セブンズは太陽生命ウィメンズセブンズシリーズというリーグ戦を中心に沖縄セブンズ、オホーツクセブンズなど大会が多いのです。セブンズの場合は1試合の時間が15分と短く、短期間で試合が行われるため、主催者側からすればセブンズを積極的に導入しています。

しかし、日本人にとって、早明戦をはじめ「ラグビー=15人制」のイメージが強いため、メディアも15人制ラグビーを積極的に取り上げています。世界的な視点から見ると、セブンズの人気が高いのですが、日本においては15人制のラグビーが人気を集めています。

 

レジャーの多様化に伴い、趣味の中に「スポーツ観戦」を挙げる人が少ないのもあります。ラグビーと言えば、五郎丸歩選手が国内に復帰し、トップリーグでは五郎丸選手の試合には多くの人が駆けつけます。しかし、地方ではトップリーグでさえも観客数が2000人の会場があります。

 

男子がこの様な状況であるですから、女子ラグビーが有料で試合を組むとしたら、収支が赤字が出るのは目に見えます。実際、今年4月に北九州で行われた女子7人制ラグビーの国際大会。会場となったミクニワールドスタジアムは収容人数が1万5千人ですが、自分が見た限りではバックスタンドはガラガラです。

f:id:jyoshilug:20170908122028j:plain

 

このような状況ですので、4の女子の日本ラグビーのスポンサーが少ない現状です。勿論、現在スポンサーとして協力いただいている企業様に対してはお礼を申し上げたいです。ただ、2018年には7人制ラグビーワールドカップが開催、2020年には東京五輪(セブンズ)、そして2021年には再び女子ラグビーワールドカップが開催。その間の2019年には男子のラグビーワールドカップが開催されます。

 

ラグビー協会と日本政府にしてみれば、新国立競技場の建設を巡ってあれだけ揉めたわけですから、当然2019年と2020年に力を置くでしょう。一方で、女子の15人制ラグビーに関しては協会に任せる、と言うかヘッドコーチ等に育成を投げ出す感じになると思います。これが5の予算の限界に当てはまると思います。実際にアイルランドから帰国した有水ヘッドコーチは「予算的な問題はクリアしなければいけませんが、定期的な試合を組んでほしいですね。」と強化に向けて予算が欲しいと訴えています。

 

先進国の中でスポーツに充てる予算が最も低い日本。1964年の東京五輪以降は実業団スポーツにスポーツの強化を委ねてきました。しかし、バブル崩壊後、プロのクラブでさえも潰れる現状。

 

一方、中国は皆さんも耳にしているネット通販のアリババグループ。アリババのスポーツ部門が向こう10年にかけてラグビーに1億ドル投資するニュース。この中には男女15人制ラグビーのプロ化も含まれています。

www.cnn.co.jp

 

チャイナマネーの恐ろしさはサッカーのAFC(アジアチャンピオンズ・リーグ)でイタリアをドイツW杯で優勝に導いたマルチェッロ・リッピを監督招聘など金の力で呼び寄せました。ラグビー界でも同じような事が起こりそうな危惧がします。

 

今後はセブンズの話も触れながら、日本のスポーツや女子ラグビーの強化に必要な物を考えて行きたいと思います。

サクラフィフティーンの事を後にして、あの動画について

お久しぶりです。

毎日情報を書くつもりでしたが、諸般の事情により、ほとんど書けず、申し訳ございませんでした。

 

暇な人間でありながら、執筆しなければいけない物が来て、それ等を調べ、まとめたりするなど、女子ラグビーワールドカップをゆっくり見られたのは9~12位決定戦だけでした。執筆しながらも、女子ラグビーの事を考えたりするなど、終いには妙なテンションで今、書いております。

 

サクラフィフティーンの事は後々書くとして、男子のトップリーグのWeb動画についてちょっと思った事を書こうと思います。

 


「トップリーグの逆襲」WEBムービー

 

今までPRがあまり上手ではなかったトップリーグがついに動画を作成し、ちょっとした話題になっています。自虐的なネタから始まるもので、ネットでも話題になっています。

 

自分の意見を正直言います。

 

CM化無理だわ。NECの逆立ちのCMしか使えん。

そして、

「これ、電〇が作ったの?やっつけ仕事じゃないの?」

 

皆さんもお分かりですが、CMはテレビで15秒、30秒、60秒があります。また、最近はyoutubeで見たい動画の前にCMが流れますが、短くて5秒、長くて1分半で5秒後にスキップできるようになっています。

 

でも、もし、この動画をCM等に使う時には、どこでカットすべきなのかが分からない。長々とやって、結局何が言いたいのかがぼやけてしまうのが、一視聴者としての意見です。

 

少しネットマーケティングについて勉強した者から言わせると、ネットCM等を展開する際には出稿者(ここではトップリーグ)にも広告に関する知識が必要になります。これを電〇をはじめとする広告代理店に丸投げする事も可能ですが、コスト面での効果等の測定ができなくなる恐れがあります。

 

ちょっと話がズレますが、個人的に面白いのは別府競輪の男達シリーズ


別府競輪の男達 第2章 完全版 全26話

15秒のCMですが、選手と洒落たユーモアで、ナレーターの冷めた声でオチと別府競輪開催告知。これでのイメージ、おもろい分が出て、別府競輪行こうかなと意識を付けさせる。今回は第2章を取り上げましたが、第1章では全日本シーエム放送連盟(通称:ACC)のCMフェスティバルで入賞を果たしました。

 

そして、別府競輪の男達を見た別府市は、昨年の熊本地震の後、減少する観光客を取り戻そうと「別府温泉の男達」なるシリーズを作りました。


『別府温泉の男達』CM動画フルバージョン

 

自分がCMプランナーであったら、例えば、東芝のシーン。まず、前回の南アフリカ戦の後のカフィ選手からのセリフを黒幕で流し、知念選手の「2019年ラグビーワールドカップがあるのに・・・」のセリフを布等で書いたのちに、大野選手のセリフ。これくらいまで削減すれば、30秒で済むと思いますし、大野選手のインパクトが記憶され、トップリーグの開催を認識させる。

 

CMは要は視聴者にトップリーグを認識させ、行ってみようという動機付けで済めばいいだけだと自分は思います。行ってみたい人はネットで調べ、チケットを取る行動に出ます。それだけでCMの役割は半分成功した者でしょう。

 

トップリーグ第1節で史上最高観客動員数を記録しましたが、一番の問題は1600人程度しか入場できない北海道の月寒など観客動員数で苦しむ地点。ここでどう伸ばすかが目標の数値に達するかどうかだと自分は思います。

 

簡単に書くつもりが長くなってしもうた。反省します。

頑張れスペイン&香港???

金銭的な余裕もないので、スカパーとの契約は断念しました。そして、今朝のニュース等で見て思った事。

 

この負けは大きすぎる・・・。

 

前半のままで行けば、勝ち点4はゲットでき、ベスト8に大きく前進できたのに・・・。

 

予選ラウンド第2戦が終わった後の12チームの順位表をご覧ください。

f:id:jyoshilug:20170814165614j:plain

 

見事な二極化。つまり、昨日勝てば7位に入れたのです。引き分けでも勝ち点2が入るので、同じく7位です。

 

次はその7位のオーストラリア。オーストラリアはアイルランド戦で19-17と2点差で敗れたため、ボーナスポイントが1点加わっています。アイルランドと接戦したオーストラリアにまずは

 

4トライ以上取って勝ち点4+ボーナスポイント1取得

 

これが絶対条件です。

 

なおかつ、プールAのウェールズ対香港、プールBのイタリア対スペインの結果しだいでないと、目標のベスト8に進出する事が出来ません。

 

まずはプールBのイタリアとスペイン。イタリアはアメリカに12-24、イングランドに13-56で敗れています。スペインはイングランドに5-56、アメリカに0-43で敗れています。

 

ここでは

日本が勝ち点5を取る+イタリアが勝っても3トライ

であれば、日本はイタリアを抜き、9位に入ります。

 

ただし、得失点差-47のウェールズの相手は香港。香港の成績は

 

カナダに0-98、NZに0-121と大敗

 

現在、日本とウェールズの得失点差は21。しかし、ウェールズの相手が香港。下手したら、20-0で日本が勝っても、ウェールズが香港を完膚なきまでに4トライ以上取り、大量の得点差で勝ってしまったら、日本はベスト8に入れず、9~12位決定戦に回る事になります。

 

8月18日午前1時に日本対オーストラリア、同日の午前1時15分からウェールズ対香港。

 

頑張れ日本&粘り切れ香港!!!

 

今はこれしか方法はありません。

 

あと、気になったのが、リオ五輪7人制ラグビーの時に相当なバッシングを彼女達は受けました。マスコミが担ぎ出して、メダル候補と言いながら惨敗。で、もし、今回バッシングをする輩に事前に言っておきます。

 

お前等、一度はタックルを受けてみろ!!!

すぐ様、病院搬送だぞ。

 

こう担ぎ出して、惨敗、若しくは五輪から撤退すると何も取り上げなくなる既存のマスコミ。そういえば、昨日、競馬の札幌記念の出走馬を見た時、本当は10F(ハロン・2000m)と表記すべきものを5F(つまり、1000m)と表記した新聞社(その後間違いに気が付き修正したが)があった事を合わせてお伝えします。

 

最後にいいニュースを。タックル成功やトライを決めた選手を纏めたものが公式HPに出ていますが、キャプテンの斎藤聖奈選手が33本で4位。サクラフィフティーンもタックル数325で4位に入っていました、ただ、上位がスペイン、イタリア、ウェールズ、オーストラリアなので、喜ばしいのか、攻められていて、それを防ぐ=劣勢になっているともとる事が出来るので。

あとは、コンバージョンキック部門で清水麻有選手が3本成功で全体の7位に入った事をお伝えします。

 

しかし、今見たら、トライ数No1のNZのPortia Woodman選手。北九州で7人制ラグビーの国際大会で「誰でもいいから、NZ選手からサインが欲しい」と思い、ミクニワールドスタジアムの最前列で選手とハイタッチした際、サインを貰ったのがPortia Woodman選手だった事を今更気が付きました。

サクラフィフティーン初戦を日本ではどう伝えていたのか

今日はネガティブな話ばかりです。

 

サクラフィフティーンの初戦、対フランス戦は14-72の大差で敗れました。

 

www.rwcwomens.com

 

更に悪い話が続きます。この試合でマテイトンガ・ボギドゥラウマイナダヴェ選手と福島わさな選手が負傷のため離脱。バックアップメンバーを2人のうち1人を投入したため、代表メンバーが1人不足したまま戦う事となりました。

 

www.rugby-japan.jp

 

さらにもう1つ。試合中のレッドカードで退場になった富田真紀子選手に対し、厳しいペナルティーが科せられました。

 

www.rwcwomens.com

 

しかし、一番落ち込んだのは、日本の大手のメディアです。自分は大分県に在住し、新聞は毎日新聞を取っています。大分県毎日新聞は朝刊のみ。愕然とする自分に追い打ちを掛けたのは、翌日の毎日新聞の記事。

f:id:jyoshilug:20170812213253p:plain

 

たったこれだけです。

高校総体のボクシングの結果と同じ位の大きさです。でも、高校総体のボクシングの子供達も可哀想ですね。かたや、夏の甲子園はデカデカと掲載する一方、自分達は小さな記事で結果だけ。そう言えば、明日は日曜。関西の子供達は仮面ライダープリキュアが見られないですね。でも、全国の子供達よ。10月からキュウレンジャーがワンピースと時間が被るぞ。関西の子供達の苦しさを毎週日曜日に味わうぞ。文句を言うのであれば、テレビ朝日に抗議して。

 

話をサクラフィフティーンに戻します。じゃ、他の新聞はどう伝えていたのか?

今日、地元の図書館で昨日の新聞を見ました。

朝日 スポーツ短信の所に6行程度

讀賣 結果と有水ヘッドコーチのコメント

そして、最もブチねれたのは

産経 結果すらなし

元々、産経に対してはいいイメージ持っていなかったです。別の趣味の競馬で嘘を書いたり、間違った情報を流し、中学生だった自分が公衆電話を使って指摘する。そして今回の記事なし。怒りが湧いてきました。

 

スポーツ紙も扱いが少ない中で、頑張ったのは日経。全国紙の中では比較的大きめに内容を書いていました。やはり、社長とかの上層部の中にラグビー好きがいるので、扱いも比較的大きく取り上げました。

 

地方紙では大分合同新聞は記事なし。ま、夕刊があるので、そこで書いたかもしれません。そして、一番大きく取り上げたのは

 

西日本新聞

地元福岡、佐賀出身の選手が多く、福岡はラグビーが盛んな地域であるため、関心が高かったため、下手したら「稀勢の里巡業復帰」よりも大きく清水麻有選手と野田夢乃選手の写真が載っていたと思います。

 

いずれにしても、2019年に男子のラグビーワールドカップが開催される国か?と疑ってしまう取り扱い方でした(その男子のトップリーグも衝撃的なデータがあるが、言わないでおこう)。

 

日本の無関心さとは程遠いアイルランドで、彼女たちは今日も頑張っています。

www.rugby-japan.jp

 

何とか、次のアイルランド戦はサクラフィフティーンの持ち味を生かしたラグビーを見せて欲しいものです。(あ~、でも産経にはマジ腹立つ)。

 

注意:この記事は大分県での扱い方なので、他地域ではもっと取り上げているかもしれません。予めご了承ください。

心の準備、スカパーまだ契約していないのに

あと6時間後に女子ラグビーワールドカップ 

フランス対サクラフィフティーンが始まります。

 

そして、先発メンバーが発表されました。

 

rugby-rp.com

 

江渕まこと選手、斎藤聖奈選手が先発。そして、高校生の津久井萌選手が先発に抜擢。本来なら江渕選手の次に紹介する筈だった野田夢乃選手、最大の秘密兵器、福島わさな選手がリザーブ

 

言いたい事はただ一つ。

 

後悔なく戦ってくれ!!!

まさか、離脱なんて・・・。

 昨日は江渕まこと選手を取り上げたので、今回は同じ高校で同学年の野田夢乃を取り上げようとした瞬間、残念なニュースが入ってきました。

 

www.rugby-japan.jp

 大会まであと何日の所で、加藤慶子選手が負傷のために離脱。

 

 今回、女子ラグビーを知るために、ノンフィクションライターの松瀬学さんが執筆した「ラグビーガールズ 楕円級に恋して」を借り、買おうかなと思っていました。

 

 

ラグビーガールズ 楕円球に恋して

ラグビーガールズ 楕円球に恋して

 

 この本に出てくるケイコは今回離脱した加藤慶子選手です。120%ケイコ。いつも目いっぱい体を張ってタックルを放つ。それだけに、今回の離脱に言葉は出ません。

 ラグビーガールズの主要人物であるマリエこと山口真理恵選手はリオ五輪7人制ラグビーの代表(通称:サクラセブンズ)選出。今年4月に結婚をし引退。 

 そして、もう1人の主人公のアヤカこと鈴木彩香選手はサクラフィフティーンのメンバーに入り、ケイコと共にプレーをするはずだった。

 今はこの言葉しか送れません。

 

アヤカ。ケイコやマリエ、他のみんなの分までポジティブにキックオフ!!!

サクラフィフティーン選手紹介 2.江渕まこと選手

 サクラフィフティーンの選手紹介。第2回目は江渕まこと選手。フォワードの選手です。

 

江渕まこと 女子日本代表 選手プロフィール|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。

 

 彼女を知ったきっかけはTwitterの「#江淵フォロワー1万人計画」という企画でフォロー。タックルの強さをアピールしていたので、ニックネームを「Cuty dynamoダイナモはサッカーと同じく運動量豊富な選手で、彼女もそんな印象だと思いました。

 しかし、経歴等を調べていくうちに、「何も言えねえ(by北島康介」と思いました。「思い立ったら、即実行」この思い切りの良さがプレーにも出ているのではないでしょうか。

 彼女の名前が知れ渡ったのは2016年6月。日本国内の7人制ラグビーのシリーズ戦「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ 東京大会」で「チャレンジチーム」として出場し、準優勝に貢献した事です。

 太陽生命ウィメンズセブンズシリーズは、国内の7人制ラグビーチームが戦うシリーズ。チャレンジチームとは、単独チームでは出場できないチームの選手、またはチームのメンバーに入れなかったものの、将来性が高い選手が中心に構成されたチームです。

 江渕選手が所属する青山学院大学ラグビー部の女子ラグビー選手は彼女ただ一人青山学院大学ラグビー部のHPを見ますと、女子で選手登録されているのは彼女のみ。他の女子部員はマネージャーとしてサポートしています。

 

 江渕選手の父親サニックスラグビー部の初代主将。このサニックスラグビー部は現在では男子のラグビートップリーグの宗像サニックスです。そんな父を持つ江渕選手は当然、小さい頃からラグビーボールを持っていた?

 彼女がラグビーを始めたのは高校1年生の時でした。しかも、前の部を辞めて、途中入部で彼女のラグビーキャリアが始まりました。では、それまで何をやっていたのか?

 実は江渕選手の中学時代は陸上をやっていました。福岡県内では有数の陸上の強豪校。しかも、3年生の時には部長を務めたとの事。主にハードルを行っていた彼女。全国中学校体育大会に参加できるまであと僅かの所まで進みました。

 高校は福岡県立福岡高等学校。地元では御三家(残りは県立修猷館高等学校と県立筑紫丘高等学校)と呼ばれる進学校。2016年にノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典氏がOBです。そこでも、陸上部に入りました。

 

 ところが、福岡高校で彼女は「ある壁」にぶつかりました。強豪校の陸上部でのハードな練習に慣れた彼女。一方で入学した高校の練習とのギャップ。このギャップを3年間耐えるのも1つの選択ですが、

 「180°見方を変えて他のスポーツを始める」事を選びました。

 例え、失敗しても何か得られると信じて。1年生の途中で陸上部を辞め、「初心者のまま」としてラグビー部に転部。

 彼女にとって支えになったのは同年代の2人です。同じハードルで争った子が高校でラグビー部を選んだ子。もう1人は、同じ学年で先にラグビー部に入った野田夢乃(ゆめの)選手の存在。この2人がいなければ、江渕選手の高校生活は別の物になっていたでしょう。

 

 高校3年生。将来の選択が迫る時が来ました。ここで、江渕選手は「とんでもない行動」に出ます。

 

 「女子でもラグビー部に入れますか?」

 

 と関東の大学のラグビー部に直接アポイントメントを取っていました。大学でも女子ラグビー部はあります。

 しかし、「日本代表になりたい」と思った彼女は「外国の選手に負けない体を作るなら、普段から男子に混ざって練習がしたい」。一見、無謀にも思える彼女の行為を受け入れてくれたのが現在の青山学院大学ラグビー部です。

 福岡から離れ、自炊生活となった江渕選手は栄養のバランスを専門家に相談しながらの食事。それによって体を作り上げていく。青山学院大学ラグビー部以外では女子のラグビーチーム「東京フェニックス」に所属し、そこでも自分を追い込む日々。

 そして、2016年12月の「女子ラグビーワールドカップ2017 アジア・オセアニア予選」で初めての代表入りを果たしました。

 

 2017年7月30日。「2017年女子ラグビーワールドカップアイルランド大会」のサクラフィフティーンのメンバー発表。そこに江渕選手の名前がありました。そして、もう1人。福岡高校で一緒に過ごした野田夢乃選手がバックスで選出。

 

 高校卒業後、お互いの道を歩んだ2人が世界に挑みます。

 

 太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ東京大会で将来の目標はと聞かれると、

 「15人制の女子日本代表になること」

 と言った江渕選手。それから1年と2ヶ月。彼女は目指していた世界の強さを体感しに行きます。