女子ラグビーを応援するブログ

2017年8月には女子ワールドカップラグビー、2020年東京五輪では7人制ラグビーが。女子ラグビーに注目

にわかが語る北九州セブンズ注目選手

さて、明日からの2日間、「来たけど、どの選手に注目すべきなのか、分からない」と言う方も多いと思います。

そこで、自分も知識はそんなに無いものですが、海外の注目選手を何人か紹介したいと思います。

 

注目は何と言ってもリオ五輪で金メダルを取ったオーストラリアでしょう。その中でも、9番のエマ・サイクス選手に注目下さい。

 

www.worldrugby.org

 

若干19歳ですが、現在得点ランキング2位の78得点を挙げています。

彼女の得意なプレーはコンバージョンキック(トライ後のキック)78点のうち48得点がコンバージョンキックによる得点です。

待てよ、昨日、俺が小倉に行った際、見たな・・・。

風がどうなるか分からない関門海峡に面したミクスタで、果たして得点を量産できるのか注目です。

 

サクラセブンズは大変なプールに入りました・・・。だって、ニュージーランド(通称:Black Farms)ですよ。

極論を言えば、ニュージーランド「全員のプレーを見てくれ」になりますが、その中でも、得点ランキング現在1位の11番のポーシア・ウッドマン選手は絶対に注目すべき存在です。

 

www.worldrugby.org

 

得点ランキング、現在ダントツの1位のウッドマン選手。全てトライによる得点です。

 

もちろん、サクラセブンズだって忘れてはいけません。ただ、登録メンバーリストを見て驚いたのが、テレビ等にも出演し「女子ラグビーの顔」ともいう桑井亜乃選手がメンバーに入っていない事です。

メンバーを見る限り、若手・中堅が中心の構成になっています。ここは、キャプテンである中村知春選手の統率力に期待したい所です。チームでは「アニキ」とも言われている存在の中村選手に期待しましょう。

 

www.worldrugby.org

 

強豪国カナダからは5番のジュリア・グリーンシールズ選手。得点ランキング7位の60点を挙げている選手です。その全てがトライによるもの。これまでのキャリアでイエローカードやレッドカードを貰っていない辺りを見ると、クレバーな選手だと思います。

 

www.worldrugby.org

 

他にはロシアのキャプテンで4番のアリョーナ・ミハルツォーヴァ選手にも注目です。(意外と可愛いな)

 

www.worldrugby.org

 

とにかく、週末は絶好の天気。暑さだけは心配ですが、その暑さを利用して、サクラセブンズが一波乱を起こしてくれると信じて、私は2日間見ていこうと思います。

北九州セブンズ前々日、小倉へ行ってみた。

昨日、病院のため「1時間半」掛けて、ミクニワールドスタジアムのある小倉に行きました。準備も着々と進んでいます・・・。

f:id:jyoshilug:20180419191438j:plain

ただ、残念な事が。

 

今年のミクスタの食事情はあまり良くない模様です。

 

スタッフらしき人に聞いてみると、

 

今年は北九州名物のかしわうどんやホルモン焼き、それにビールが・・・。

 

もう、結構です(笑)。

 

小倉競馬場よりも飯事情が悪くなりそうです。競馬場には「たい焼きパフェ」とか、あまおう入りパフェとか出しているのに・・・。

 

一応、駅周辺の地図を作りましたので、ご参照ください。

 

f:id:jyoshilug:20180420192214p:plain

 

そして、明日来られる方へ注意点。ミクスタ近くの北九州国際会議場でシンポジウムが開催されるとの事です。

そこに森喜朗元首相が来るとの事で、警備が多分、厳しくなるのではないかと思います。それを念頭において下さいませ。

 

さて、明日に向けてネタでも・・・。と思っていたら、書ききれない。

 

そこで、以前に競馬のサイトで書いた小倉競馬場の記事で観光に関しての記事を纏めましたので、そちらをご覧ください・・・。

 

www.uma-furi.com

怒られるだろうな~、多分・・・。

 

 

サクラセブンズ選手プロフィール Vol1.大竹風美子選手

HSBCワールドラグビー女子セブンズシリーズ」のコアチームに復帰したサクラセブンズ。

 

1月に行われたニュージーランドとの試合で7-48の大敗を喫しました。


しかし、唯一のトライを奪ったのは18歳(当時)で、初めてサクラセブンズに選ばれた選手。


彼女の名は大竹風美子(ふみこ)ラグビーを始めてまだ1年しか経っていない選手でした。

nittaidai.wixsite.com

(カーソルを下げていただくと、1年生の所に彼女が載っております。)

今回は彼女について取り上げたいと思います。

 

父はナイジェリア人で、母は日本人の大竹選手。身長が171cmと恵まれ、更に50m走では6.7秒の速さで駆け抜けるスピード。

 

大竹選手は元々陸上競技で行っていました。中学時代には東京都の陸上100mと200mを優勝。同学年には陸上日本代表のサニブラウン・ハキーム選手がいました。

 

高校は東京高校に進学。ここでの偶然が大竹選手をラグビーに導く事となったのです。

 

高校入学後も陸上を行っていた大竹選手。それまでの100mと200m走ではなく、七種競技に転向した大竹選手。


高校2年の春。体育の授業でやっていたバスケットボール。まどろっこしい展開に思わずボールを持って走りだしてしまいました。

 

もちろん、バスケットボールでは「トラベリング(ボールを持ったまま3歩持ち運ぶ)」として反則。怒られると思っていた大竹選手でしたが、指導していたのが森秀胤(ひでつぐ)先生これまで12度東京高校ラグビー部を花園へ出場させた名将です。

 

森先生は大竹選手に「いいものを持っている。ラグビーをやってみないか」ラグビー転向を勧めました。もちろん、七種競技もある大竹選手でした。一方で、「性格的にはチームスポーツのほうが向いていると思っていた」と冷静に自己分析をしていました。

 

しかし、陸上選手としての区切りを付けたかった大竹選手。3年夏のインターハイで5000点を取ってからラグビーに転向しようと決意。結果は砲丸投げで11m86、200mを25秒34と自己新記録を出し、5053点で6位に入賞。

 

「最後のインターハイで5000点を出して、やり切った感じがあった」と区切りを付けた大竹選手はリオ五輪セブンズの映像を見たことでラグビー転向を決意しました。

 

 

2017年1月に行われた「セブンズユースアカデミー」の合宿に練習生として参加した大竹選手。そこで、大竹選手の驚異的なポテンシャルを示す事になります。

 

「セブンズユースアカデミー」はユース世代のタレント発掘と育成・強化を目的に実施した合宿です。そこで、本格的にラグビーを始めたばかりの大竹選手に関係者が注目。

 

3回目の合宿には「練習生」ではなく「正式なメンバー」として参加する事となりました。関係者も「スピードとパワーを備えた稀有な選手」と言うダイヤモンドの原石。

 

東京五輪まであと2年を切りました。サニブラウン・ハキーム選手と「2人一緒に東京五輪に出られればいいな」と語る大竹選手。その為にはサクラセブンズで結果を残す事が重要です。

北九州はうどんのメッカっちゃ

どうも、ブログも引っ越しも2代目ヒシマサルの様に動けない人間です。

2代目?ヒシマサルと名付けられた馬は3頭います。2代目はアメリカ産でなかなか反応しない馬。で、直前で追い込む馬。ちなみに今は知っているのは3代目ヒシマサルです。

 

競馬はおいといて、少ないアンケートの中で多かった意見は「北九州の観光やグルメを教えて」というのがあったので、今回は「うどん」を取り上げます。

その前に、多分知らない方も多いのですが、九州北部はうどんにコシはありません。

さぬきうどんの様なコシを重視する方には物足りないものですが、九州はコシが弱く、麺が柔らかいのが特徴です。そこを踏まえて下さい。

 

1.かしわうどん

去年の北九州セブンズの店頭販売で少ないスタジアムグルメでもあった「うどん」。

 

九州北部では鶏肉の出汁に鶏肉のそぼろ(西日本では鶏肉をかしわと呼ぶ)を散らしたものをかしわうどんと呼びます。会場となるミクニワールドスタジアムの最寄り駅の小倉駅から折尾駅博多駅から鳥栖駅の立ち食いうどんはかしわうどんがメインです。

 

駅でしか食えない物を・・・。と言われますが、小倉駅ビルのアミュプラザ小倉地下1階には駅で販売されているうどんがそのまま食べられます。

f:id:jyoshilug:20180410133239j:plain

 

かしわと言えば、折尾駅名物のかしわ飯がありますが、折尾駅のかしわ飯はそぼろに対し、かしわうどんは鶏肉を刻んだものがメインとなっております。

こちらで420円となっております。

 

2.焼うどん

諸説は色々あるものですが、戦後間もない1945年小倉の烏町食道街にあるだるま堂という店で焼うどんの販売が行われていました。

 

f:id:jyoshilug:20180410133831j:plain

「小倉焼うどん研究所」という所で定めた焼うどんのルールは以下の通り

  • 「乾麺を使用」
  • 「豚肉はバラ肉を使用」

など様々なルールがあり、これらの基準に満たすと、

f:id:jyoshilug:20180410134343j:plain

と幟が建てられます。

今回、「だるま堂」に取材したかったのですが、行けなかったので、地図でご確認ください。

 

f:id:jyoshilug:20180415205058j:plain

 

3.資さんうどん

 

どこの地域にも地元のうどんチェーンがあります。メジャーな所だと丸亀製麺ですが、埼玉だったら山田うどん。博多だったらまきのうどん。

 

北九州に多いのが「資(すけ)さんうどん」です。

 

会場周辺にはありませんが、繁華街の魚町に24時間営業の店舗があります。

 

f:id:jyoshilug:20180415205257j:plain

ここの最大の特徴と言えば、おはぎ(ぼたもち)。

 

ここのぼたもちは美味しいです。魚町にある「資さんうどん 魚町店」では持ち帰りができますので、試合前にうどんを召し、試合を見ながらのおやつとしてどうぞ。

 

 

 

と書いた今日、こんなニュースが飛び込んできました。

www.nishinippon.co.jp

 

となると、今後は東京に戻ったら、ぼたもちが・・・。

 

と今回はグルメとしてうどんを取り上げましたが、他にも色々と紹介したい物があります。

それはおいおいに。

 

さて、サクラセブンズの選手が昨日、北九州市役所を訪問し、大会でのベスト8入りを目標にすると力強くアピールしました。

www3.nhk.or.jp

大会までもう僅かです。少しでも多くの皆様の来場をお待ちしております。

私も何とか力になりたいです。選手のビラ配りがあるのであれば、大分県(筆者は隣が福岡県の地方都市在住)から馳せ参じます。

 

 

ミクニワールドスタジアム北九州の紹介

さて、今回は北九州セブンズの会場となる「ミクニワールドスタジアム北九州」について紹介します。

 

ミクニワールドスタジアム北九州(正式名:北九州スタジアム)はJリーグギラヴァンツ北九州がホームスタジアムとして使ってきた北九州市立本城陸上競技場がJ1昇格基準の観客数15,000人に満たせず、また、アクセス面の不備から、「プロアマ問わずサッカーやラグビーなどのレベルの高い試合や大会を中心に開催できる施設」として作られたスタジアムです。ま、ギラヴァンツ北九州は完成した年にJ3に・・・。

 

どれ位のアクセスの良さ化と言えば・・・。

 

 

 

全ての新幹線が停車する小倉駅から徒歩で15分以内の所に「球技専門競技場」があるのです。

 

f:id:jyoshilug:20180405212131j:plain

 

球技専門競技場と言っても見えにくいのではないの?という意見もありますが、座席表はこんなものです。

f:id:jyoshilug:20180405203512p:plain

 

スタンド最前列からタッチラインゴールラインまでの距離は 8m しかなく、さらにフェンスの高さも65cm(ピッチから 1.24m)しかないため、臨場感が味わえるスタジアムとなっています。

 

じゃ、どれ位の臨場感があるのか?

昨年の北九州セブンズの写真とサンウルブズの公開練習の時に撮影した物をご覧ください。

 

ちょっと丸文字が小さいのですが、①の部分は

f:id:jyoshilug:20180405212414j:plain

 

 

ズームしたものではありません。

ほぼ選手目線で試合が見られます。

そのすぐ後ろの最後列の②の視線は

f:id:jyoshilug:20180405212655j:plain

これも、ズームした物ではありません。

試合全体の流れを見るのにはふさわしい場所と言っていいでしょう。

 

③の席に座ると

f:id:jyoshilug:20180405212944j:plain

 

こんなふうに見る事が出来ます。

 

じゃ、4,000円もする中央席はどんなものなのか?④の写真を

 

f:id:jyoshilug:20180405213216j:plain

⑤の部分も・・・。

f:id:jyoshilug:20180405215451j:plain

 

真ん中の席なので、試合の流れを見るのにはいい席だと思いますが、やっぱり4,000円は高いような・・・。

 

では、サイドスタンドという事で⑥の席はどうなっているのか?

f:id:jyoshilug:20180405215731j:plain

 

ゴールラインから8m、フェンスも低いので臨場感あふれる席ですね。

 

で、皆さん気になったのは、ミクニワールドスタジアム北九州が海に面している事

 

昨年2月の「サンウルブズvsジャパンラグビートップリーグオールスター」では田村熙選手のタッチキックが直接海に飛び込んだ事で話題になった屋根無しバックスタンド。ちなみにサッカーでは2017年6月10日のJ3第12節・ギラヴァンツ北九州vsガンバ大阪U-23戦で、北九州のGK高橋拓也がクリアしたボールが海に飛び込んだ例が初めてです。

 

そんな海に面しているスタジアムなので⑦にはこんな注意書きが

 

f:id:jyoshilug:20180405220308j:plain

 

との注意書きがあります。

 

ちなみに、ギラヴァンツ北九州の試合では北九州市漁業協同組合長浜支所所属の漁船1隻を毎試合借り上げており、試合前に「海のボールパーソン」として紹介しています。ラグビーについては分かりません。

 

試合の合間には景色でも見て(⑧)

f:id:jyoshilug:20180405220625j:plain

 

ラグビーと景色を楽しみましょう。

もちろん、大型ビジョンも備えています。

f:id:jyoshilug:20180405220741j:plain

 

試合観戦においての注意点

  1. 会場周辺にはコンビニ等はございません。また、食事する所も多くありません。小倉駅で食事等の準備を
  2. 風向きによっては寒いと感じる場所もあります。一方で気温次第では暑くなります。羽織りやすい物を持参

 

という訳で、ミクニワールドスタジアム北九州の座席等はここまで。会場周辺で食事できる場所等を探します。

北九州セブンズを広めるために必要な事って

どうも、昨日の競馬・大阪杯3連単を取り損ねた男です(ペルシアンナイトとアルアイン3連単は買うのは決めていて、最後の1頭をスワーヴリチャードかダンビュライトを選択し・・・)。

 

別件の執筆に関しては、大阪杯と福島競馬イベントで一旦止めると宣言したので、

ここからは北九州セブンズに力を注ごうかなと思い、競馬の資料を段ボールで封印。

「北九州セブンズ」をもっと広めないとアカンなと思います。

 

が、ここで大きな問題が

 

このブログを見ている人は、北九州セブンズに関する情報で何が必要なのか?

 

昨年、ガラガラのスタンドを見ていた私。せめて、今年はもうちょっと入って、

「日本7人制ラグビーの聖地=北九州」を作らないとアカンなと思ってるんです。

 

昨年はうどん、唐揚げ、ビール、コーヒーしかなかったスタンド。

うどんは北九州名物かも知れんが、何かが足りない。

観客の中には「セブンズのルールを知らなくて来場した人」もいました。

 

そして、

 

サクラセブンズのメンバーを知らない人

もいたのです。

 

昨年、illustratorで応援ボードを作り、無料配布したのですが、地元の長田いろは選手は即完売。

でも、他の選手は・・・。

 

昨年は女子ラグビーファン歴2か月でしたが、北九州セブンズ、太陽生命ウィメンズセブンズ保土ヶ谷大会(台風直撃の中行き、その後びしょ濡れになりながらも天皇賞。秋に行った大馬鹿野郎)である程度の見分は広まったはず。

 

そして、「女子ラグビーは伸びるコンテンツ」を信条にしているワタクシ。

何が何でも北九州セブンズを盛り上げなアカンと思うんです。

 

そこで、マーケティングリサーチ

 

北九州セブンズに関する情報で何が必要なのか?

 

を皆さんから募りたいと思います。

 

選んだのは次の3つ

 

  1. 7人制ラグビーのルールが知りたい
  2. サクラセブンズの選手について知りたい
  3. 会場、観光、食事など北九州について知りたい

この3つにします。

 

もし、希望がありましたら、コメント欄でもいいので、書いて下さい。

締め切りは金曜日までお願いします。

北九州セブンズが始まるぞ!!!

まず、お詫びから。

 

ブログを完全放置して申し訳ございません

実を言いますと、もう1つの趣味の競馬に関する記事を書いたら、

毎週分の記事+イベント情報執筆

を書いていました・・・。

 

もちろん、昨年の太陽生命ウィメンズセブンズ保土ヶ谷大会(記録的な土砂降りの中で実施)、正月の横浜市セブンズの試合を見に行きました。

 

ただ、私も虚弱体質な者で、2つの事を同時に進める事が出来ない人間。

その為、放置しておりました・・・。

しかし、

4月21日、22日には北九州セブンズという重大な大会があります。

そして、

その後、私は東京へ戻ります・・・。

別に東京で仕事をするわけでなく、「自分に合った仕事を見つけるために東京へ」という地方在住者にあるネタで帰ります。

 

そこで、最後は玉砕覚悟で

 

北九州セブンズ5000人計画

を建てて、皆様にありったけの情報をお届けいたします。

ラグビーから北九州の観光まで。

本当はWebでやりたかったのですが・・・。